2020年9月12日土曜日

2017年06月の自選と雑感。

久しぶりに自分の短歌をまとめる作業を再開した。といっても、まだ3年前のあたりの歌をふらふらさまよっている。

この2017年6月は、だいたい10日ほどかけて、不自由律短歌というあそびをやった時期だった。
これは単純に、57577の韻律が、アプリオリ(生得的)に心地よい、必然的なものではないよ、という基本的な考えを試してみた体験だった、と説明できるだろう。

しかし同時に、デファクトスタンダード(業界標準)であるこの韻律は、とても気楽で簡単なものだという再発見ができた体験でもあったし、歴史を経ていることで、とても技巧が整備された形式であることもわかった。

アプリオリな韻律を持っていない人こそ、短歌は可能なのかもしれない。

詩人は、自分の韻律を見つけ出さなければならない。が、定型詩人は、自分の韻律がないから定型詩である人と、自分の韻律が定型詩と同じだった、という場合の、2種類があることになる。

しかしそもそも、アプリオリな韻律は、存在するのだろうか。

たとえば現在のジェンダー論では、こころの性という言葉があって、こころに性があるというのが前提の事実として語られているが、こころにまで性を設定することは、ジェンダー論にとって将来的に本当によいことなのだろうか、と私は考えたりしている。

がそれは置いといて、人は、アプリオリに、韻律をもっているのだろうか。

それを持っているのが詩人だ、という答えはあるだろう。そしたら、持っていないのは、詩作人、かもしれない。

私はどうだろうか。私は、詩人と思ったことはなくて、散文家と規定したいと考えていた。しかし現在では散文家も名乗れそうにはない。

かつてはある程度短歌作品を作って、それなりに評価されたならば、歌人と自称してもよいのではないかと期待したこともあった。
そのときの自分の定型詩人のポジションは、定型に違和を感じ続けているがゆえの歌人、というポジションであった。

  理屈では未来決定論は正し、理屈では今日はまったく正し  沙流堂




自選。
言うほどに悪くはないと道脇のツツジが咲けり、そう悪くない

お徳用サイズのサツマイモ天を大人になってもわれに勧める

先のことが分からぬ鳥が愛しくて、(その理屈だとオレも愛しい)

ほっぺたが少したるんだわが妻よこれからも妻でいてくれますか

我慢して人間50年、以上、無限のごとき後悔夢幻

酒呑んでポジティブ上戸、昼頃に希望も喉も渇いて起きる

人間は笑った時に言うなれば骨を見せちゃう生き物である

ポケベルのような使い方であるよ空メール送る母に電話す

精神の健康はついに得られずき顔を洗ったまま顔を覆う

怖い話ネットで深夜楽しんで歯を磨くときのつくづく鏡

さよならは引き止められずわっはっは、わっはっはぼくは笑っているの?

一貫性ある人生のたとうならジャベルの見たるセーヌの流れ

人間をわしづかみして貪り食う神のつかいの神々しいか

ぼくたちは年老いてきっと閉じてゆくそしたら今日のことを話そう

実存と虚無と無意味と不合理のさわやかな青空の真下

日本語は抵抗もせず滅びるかgrandchildはyouと話せず

フェイゲンの曲が流れたCMのThinkPadが欲しい今でも

種に貴賎ありせば今日もナマケモノ賎なる者の「怠け」をなせり

ギザギザの歯でにんまりと笑ってたさっちゃん、転校してそれっきり

給湯室で歯を磨きいるおっさんが人生はつらいなあとつぶやく

ウイルスに君のOSはむしばまれ泣く泣く君をリカバリーする

おばさんになったのだなあ、おばあさんになってもぼくは驚くだろう

今回も失敗だった、ぼくの詩でその心臓をひと突きならず


俳句
役割のひとつ終わって夏の風邪

実梅摘む天職に遇える人わずか

忘れすぎてくれてもうれし柿の花

白日傘小学校が投票所

花南瓜あとはまわりが決めてくれ

葛切やマイナスからの一歩です

何に似て麦藁帽を漏るひかり

2017年06月の74首と、その他もろもろ。

本にして世に問うこともなき言葉、大波くれば瓦礫にもならむ

言うほどに悪くはないと道脇のツツジが咲けり、そう悪くない

ここはそういう言葉は何もありません言葉にならない声のみどうぞ

お徳用サイズのサツマイモ天を大人になってもわれに勧める

心によって心は心になるであろ、やさしさはきみをみちびくであろ

自由とか不自由じゃなく言うならば復興律を唱うリーダー

先のことが分からぬ鳥が愛しくて、(その理屈だとオレも愛しい)

ほっぺたが少したるんだわが妻よこれからも妻でいてくれますか

我慢して人間50年、以上、無限のごとき後悔夢幻

忘れられた詩歌句は第四倉庫、零時を越えたらひらく扉の

酒呑んでポジティブ上戸、昼頃に希望も喉も渇いて起きる

やがて卒業そして忘れてゆく歌がたくさんあってこれでよいのだ

人間は笑った時に言うなれば骨を見せちゃう生き物である

形あるものでなくても壊れるしガラスのような音も聞こえる

ポケベルのような使い方であるよ空メール送る母に電話す

精神の健康はついに得られずき顔を洗ったまま顔を覆う

ネズミ色のクレヨンでこの耳大き動物は象かそれともネズミ

ZIMAみたいな香りの女といるけれど帰りたいけどネタになるけど

ファウストはオレファーストの物語と言えなくもない水無月湿る

文学の権化みたいな顔してさ、遅刻もしたことない人なのに

マツコやせてマツコスラックスなどと言いたいだけの昼休みなり

怖い話ネットで深夜楽しんで歯を磨くときのつくづく鏡

少年をきみは貴方と表記する女は三世をどっかと座る

スヌーピーの乳首透けT着ていると少し気まずい(全員男)

悲しみが極まるときに巨大なる球はブルンとふるえにけりな

さよならは引き止められずわっはっは、わっはっはぼくは笑っているの?

友人に玉をたやすく追い込まれ負けず嫌いの「ず」までが憎い

ぼくはきみを生まれる前から知っているけどきもいので知らないそぶり

断崖は前でも後ろでもなくて横にあることを見ているあなた

なにか人のためにならねばならないと思う夜道を疲れておれば

ドッグフードが一個先にもまた一個、これは、犬用の罠ではないか

ストレージにその情報を詰めたまま彼も一つの情報となる

ハードディスクがたぶんいくつか死んでいるそこにいるのにもう動かない

物語ひと山いくら高いのと安いのどちらを君に贈ろう

一貫性ある人生のたとうならジャベルの見たるセーヌの流れ

短歌最後の日、の一首われは読むあたわずそんなに優れた歌にあらざらむ

これでもかこれでもかってこの人の内よりきたる悲しみを吸う

不死がまだうらやましい世を眠らせてある時は羊飼いなる男

人間をわしづかみして貪り食う神のつかいの神々しいか

涙ながれるほど正義なる君といて熱き血潮がやや冷めるなり

ひそやかでダメな願いでありましょう伴食大臣おけぬ時代に

親指を進化させ笹を掴まねば生きられなかった地獄をおもう

どうしようもない夜を座るひとつ心をそのままにして寝るのも大人

手続きで負けてしまった正しさが呪いの蛇になってうごめく

ぼくたちは年老いてきっと閉じてゆくそしたら今日のことを話そう

15歳でメディアをひとつ与えられ5次元人のようなまなざし

実存と虚無と無意味と不合理のさわやかな青空の真下

方言の説明は歯切れ悪くして同語反復するばかりなり

やや上を眺めてスピーチするきみの、未来はそういう見方がよろし

日本語は抵抗もせず滅びるかgrandchildはyouと話せず

6月に年越しそばを食べている今年もいろんなことがあったな

魂が可算名詞になるまえのオレタチに幸も不幸もないよ

親権がとれず女に戻るのを喜ぶ一瞬を子と父は見る

溜飲を下げる娯楽に神々の渇きは続く、次はお前だ

フェイゲンの曲が流れたCMのThinkPadが欲しい今でも

種に貴賎ありせば今日もナマケモノ賎なる者の「怠け」をなせり

つくだ煮は好きだけれどもつくだ煮の匂いの君を好きになれない

ギザギザの歯でにんまりと笑ってたさっちゃん、転校してそれっきり

給湯室で歯を磨きいるおっさんが人生はつらいなあとつぶやく

健診で異常がなくて安堵する範囲内ならちがってていい

ぼくたちは星にてあればここからは異なる軌跡、楽しかったと

闘争が終わったらまるで何事もなかったように一句をひねる

フロッギー(カエル星人)と名付けたあとで肌の色で差別をしない法律が成る

淡水湖のややなまぐさき香りして海に還らぬ男女抱き合う

ツチノコはいるしツチノオヤもいる命の母をよく飲んでいる

この人は指をひらひらさせながら目を凝らしたる仕事で生きる

ウイルスに君のOSはむしばまれ泣く泣く君をリカバリーする

将棋には性別を示す駒がなくて命拾いだね再ブーム

夜になると銅像がうごく七不思議どこにでもあるという不可思議の

使命感なければただの野次馬を担いでるのはまあ、鹿だよな

おばさんになったのだなあ、おばあさんになってもぼくは驚くだろう

ノスタルジーを右に左に動かして魔王を倒せば現実がくる

今回も失敗だった、ぼくの詩でその心臓をひと突きならず

大変なことになったと思いつつトップ記事にはならなかったか


俳句
役割のひとつ終わって夏の風邪

罪いくつかぞえたとして鴉の子

実梅摘む天職に遇える人わずか

梅雨鯰呆れられても大あくび

一発アウトのトラップありて夏至なかば

忘れすぎてくれてもうれし柿の花

正念場ここで去年の藺座布団

君にうたう、君は知らない藺座布団

白日傘小学校が投票所

花南瓜あとはまわりが決めてくれ

憂いひとつ五月雨にも濡れさせず

葛切やマイナスからの一歩です

何に似て麦藁帽を漏るひかり

梅天や握るゼリーの味均一

飲み込めぬサイズにしてよマイ鵜匠


パロディ俳句
◯♬や〓⌘は遠くなりにけり

ひりあくも おろじてばけみ まじねえて
IBM→HAL変換編

去年今年啜れるそばの如きもの


パロディ自由律俳句
ちねいっぺろぴねみっけろまないたわ


#うんの日風
採用をがまんしているまひるまのとんがりコーン指から食べる




































2020年6月17日水曜日

ふらくた連枝6「透明人間の」の巻

ふらくた連枝6「透明人間の」の巻

寿々多実果・・・多実果
照屋沙流堂・・・沙流
くらげただよう・・・洋
袴田朱夏・・・朱夏
小澤ほのか・・・ほのか

1 砂が浮かび上がらせる透明人間の輪郭
多実果

2 泣いていたのは誰も知らない
沙流

3 ここだけは雨の降らない日曜日

4 探偵事務所のある古いビル
沙流

5 浮気調査をしに行く俺も浮気して
朱夏

6 ゾロゾロのゴロゴロのボロボロ
沙流

7 どんぐりはいつでもコロコロ転がって
ほのか

8 だまし絵みたいに終わりがこない
多実果

9 エッシャーの展覧会に行けなくて

10 タイムマシンを拾って帰る
沙流

11 恐竜の絶滅した日知りたくて

12 ハンドボールで弾丸シュート
沙流

13 キーパーは止めた記憶をなくしても
朱夏

14 差別にみえれば怒る観客
沙流

15 首の皮一枚多い首相には
朱夏

16 俺より本物っぽい影武者
沙流

17 キャッツアイにアイシャドウつけ燃え上がる
朱夏

18 きれいなままじゃ愛になれない
沙流

19 正義とは離れたところに愛はあり
多実果

20 ふたり足跡浜辺に残す

ふらくた連枝5「あなたに贈る」の巻

ふらくた連枝5「あなたに贈る」の巻

小澤ほのか・・・ほのか
袴田朱夏・・・朱夏
照屋沙流堂・・・沙流
寿々多実果・・・多実果
くらげただよう・・・洋

1 ネズミ花火をあなたに贈る
ほのか

2 お気持ちだけいただきますと紳士は去る
朱夏

3 カラダ目当ての流れだったよねお互いに
沙流

4 愛に気づくのはずっとあとから
多実果

5 暖炉の火弱まりながら夜しずか
沙流

6 冬のお日様寝坊続いて

7 雪道には幾本の自転車のすじ元気
沙流

8 右の手袋生き別れても

9 5年後の春ひょっこりと照れ笑い
沙流

10 デロリアンには頼らなくても
朱夏

11 ここではないどこかではない抱きしめる
沙流

12 写真の色があせては来たが思い出だけは譲れない

13 盆踊り 振り返るまでのきみの気配
沙流

14 夏の香りをまとって宵に

15 馬跳びタイヤに座ってファンタ回し飲み
沙流

16 ぶどう色に染まった舌であかんべー
多実果

17 本当に言いたいことは言葉にならず

18 子供じゃないって言って、終わった
沙流

19 はくちょう座いっしょに探す人を探して

20 知っていますかおしりにデネブ
朱夏

2020年6月9日火曜日

ふらくた連枝4「さびしさはいつも」の巻

ふらくた連枝4「さびしさはいつも」の巻

照屋沙流堂・・・沙流
袴田朱夏・・・朱夏
くらげただよう・・・洋
寿々多実果・・・多実果
小澤ほのか・・・ほのか

1 さびしさはいつも字足らずなのに
沙流

2 押しつぶすタイプの正義が闊歩
朱夏

3 ごめんなさいの大安売りで

4 ありがとうが言えなくなっていく
多実果

5 これ以上世界が正しくなっちゃって
沙流

6 真夏をふさぐ白マスク

7 街にはフリー素材のイラストばかり
多実果

8 顔があるようでない人の体温
朱夏

9 社会的距離取って取られて君の背中を追いかける

10 横目で見ながら食べるあんみつ
ほのか

11 人前で怒るのを見るの懐かしいね
沙流

12 雷神様の太鼓を鳴らす

13 豆の木を雲から下りて手がみどり
沙流

14 樹を叩き切るチェーンソーとは
ほのか

15 13日の金曜日しか動かない

16 コインランドリーの一番奥の
朱夏

17 花火特集の雑誌にいまだ胸いたみ
沙流

ほのか

19 使ったら無くなるものが使えない
沙流

20 暫定のゴールテープを追い抜いて

2020年6月5日金曜日

ふらくた連枝3「大事です」の巻

ふらくた連枝3「大事です」の巻

袴田朱夏・・・朱夏
くらげただよう・・・洋
照屋沙流堂・・・沙流
寿々多実果・・・多実果
小澤ほのか・・・ほのか

1 インプットよりアウトプットが大事です
朱夏

2 どうしても五七五に収まらぬ

沙流

4 ホコリ飛ばしスプレーの缶の中は風
沙流

多実果

6 人格だけは彼にもあって
ほのか

7 バーチャルな結婚式場予約する

8 社会学者は仕事のために
朱夏

9 なんとかペイばかりで財布を持たぬまま
多実果

10 画面一面派手なアイコン

11 太陽系第三惑星はまだぶくぶくとうるさいし
沙流

12 しかし宇宙は泡構造で
朱夏

13 ディスコの中でバブル弾ける

14 飛沫はすべて踏み付けられてもうたまりません
朱夏

15 振り下ろされた鞭は風切りデフレという名のスパイラル

16 「全員が貧しい社会」主義を夢みて
沙流

17 革命しないマルクス主義に

18 月明かりに屋上で振る20面ダイス
沙流

19 丁でも半でも答えはひとつ

20 アウトプットが多すぎた日に
沙流

ふらくた連枝2「堕天の薔薇」の巻

ふらくた連枝2「堕天の薔薇」の巻

くらげただよう・・・洋
袴田朱夏・・・朱夏
照屋沙流堂・・・沙流
小澤ほのか・・・ほのか

1 にじむ血で書く答案用紙

2 どこにも着地できない言葉で述べよ
朱夏

3 空に落ちそうなほどのブランコ
沙流

4 アルプスに少女の声がこだまする

5 UPSIDE-DOWN 雨が押しのけた記憶
朱夏

6 落ちゆく月は堕天使の血に染められて

7 その日のうちに丁寧に洗う器具も余韻も
沙流

8 卯の花腐しは全てを洗い流す
ほのか

9 一面の青空には夏が広がる

10 昼下がりくずきり餅の大脱出(エクソダス)
沙流

11 宇宙食くらいにはなりたい
朱夏

12 たけのこのご飯を食べるかぐや姫

13 「私はアジアバージョンなので」
沙流

14 炊かれたおこげは外せないです
ほのか

15 レモン色の丸いやかんの麦茶冷たくうれしくて
沙流

16 あてたおでこが白くなりけり
朱夏

17 熱はないから起きてゼリーを食べてもいい?
沙流

18 殺害予告の地図のあぶりだし
沙流

19 マッチしかない、いや、スルメイカはある
朱夏

20 つかのまミスチル聴く祖国にて
沙流