2019年1月13日日曜日

20首連作「成人の休日」2009年

  成人の休日   


昨日(さくじつ)は成人の日であったかと今さらの 休日のくらげ

そういえば華やかそうな着物らの和洋折衷なるワイン色

新成人は許可さるる、白き歯の裏も頭蓋の中も濁る権利を

てんぐさに酢と熱を入れてどろどろを冷やして天突(てんつ)きでぐいっと 二十歳(はたち)

  我がその日は徹夜明けの自治会室で輪転機を絶妙に操(あやつ)りき

  黒いソファに臭(にお)う毛布を掛けて寒し、式ではネクタイをくれたらし

  堅苦しい袴姿を褒めるほど闘争は易からずき 二十歳(はたち)

マナーモードし忘れの俺のグールドの第一変奏電車で響く

追悼会の合い間に電話くれし人が静かに問う「今、どこの辺りに?」

先に着けばおみやげをひとつ思い立つ、天井が板チョコのカフェの

行き先は風に訊きつつ、いやまさか! グーグルマップにわれの立ち位置

どの場所にいても宇宙の衛星が我を算出する、今はよし

ざくっざくっと少女クララは雪を踏む、ブロック舗装を行く我もまた

数十の中から選ぶチョコレート、命運は何も決まらざれども

遠方の人と会いたり、駅前でピカチュウ男を撮りそこねたる

「美人そばの店に行こう」と誘われて美人とそばの比重あやうし

あいにく、新成人の祝日に美人もそばも閉まりたるなり

画廊には男三人コップ酒、乱反射する言葉のにおい

うたびとと紹介されてわがこころふりさけみれど炎(かぎろい)見えず

ガード下の明るい店に消えてゆく五人その後は語るべからず

2019年1月5日土曜日

30首連作「あじさいのうた」2009年

「あじさいのうた」 

パスワード作成を今日に促され「AJISAI6」と決めて弾かる 

 コンピュータが我を認めてくれるまで世界と接続できぬ月曜 

今朝電車で群生の濃き紫陽花を窓に見る、あれは青であったか 

青ざめて、否、うっ血の頭部並(な)べて井の頭線を眺めていたり 

牡丹のように花は首から落花せず、亡き人のことを思う六月 

 六はさいわい、六は不吉の数にして葉の上(え)に涙のごとき雫(しずく) 

  庭すべて紫陽花が狂い咲く昼に俺は生まれた、雨に閉ざされ 

 幼きは毬(まり)の中身を知りたくて顔を近づければ恐ろしき 

 アジサイは毒もつゆえに幼きに注意せし祖母、祖母のまぼろし 

  晩年はあばら屋にみどり生い茂らせみずから植物となりし祖母おもう 

  20世紀の病室は白く四角くて清潔ゆえに冷たきラウム(空間) 

   病室に祖母の入れ歯を洗いたればまだ動物の眼(まなこ)にしずく 

    幼きは祖母を誇りて幼稚園の先生みなに紹介なしき 

     我の片目は君に与えて君はいま2009年を笑っているか 

  空ろなら君に身を寄せアジサイの花の数だけ接吻したし 

   君という球体の中に狭からぬ荒漠を見る、雨降り続く 

 幾万の打ち首の無念洗いつつアジサイは咲く、その翌年も 

  討つものと討たれるものが見る花のむらさきのその色のかなしさ 

紫陽花町のアジサイの花は汚くて町の花のアジサイもペンキ絵 

適当でダイナミックなあじさいの小学生の水彩画まぶし 

 この絵には判子のようにマイマイが描(えが)かれて我は深く沈めり 

詩人めいたポエットさんが思いつく「あじさいのうた」に酸性雨降れ 

 人生の秘密を一詩に書いてのち詩人は昨夜(きぞ)のカレーあたたむ 

街をゆく人の頭が紫陽花の現代アートの永き空梅雨 

 「カラツユって言葉は少しおかしくない? 降らなきゃツユじゃなくていいじゃん」 

   美術館を出て次は、前を歩く君は、女は、歩くとき腰を振る 

  人脳の80%は水にしてアオムラサキの容器ぞ我も 
    
   水の思念、いな思念とは水にしてちゃんと流れることが幸福 

パスワードは結局「a231No-Uta」とす、いいじゃないか人に教えるでなし 

枯れ始めた紫陽花に老いの美もなけん、接続を解除して水は来ず 

2019年1月2日水曜日

20首連作「ペットボトル風物詩」


ペットボトル風物詩

生物でも鉱物でもない悲しみかあっけらかんとペットボトルは
窓ガラスの通す光がギター弾く男のうつろをあたためている
ががんぼの絶妙なまでの足取りのわが訪問をゆるゆる許す
性欲は少し醜く鳴きあってブロック塀の向こうの孤独
美しいナイフで刺せば柔らかきペットボトルと人体の差は
少年は四季を通じて待っている勇敢な残酷な儀式を
照準がずれて苛立つサバイバルゲームの捕虜の救出作戦
少年も多摩川も多摩大橋も真っ赤に染めてしばし、夕陽が
君去りて部屋に立ちたるペットボトル、少し揺らして揺れゆくものを
どこからが男の視線、色彩のもとを辿れば君のくびすじ
アンモナイトの昔話をするうちに丸まってゆく君の眠りの
微笑をたたえていたか、お辞儀してわれを離れてゆく二三歩に
枕にはペットボトルはやややわく透明の夢へこみゆくなり
水田の真中で父は後ろ背の、水一面の青空に立つ
真昼間の家の玄関がらがらと開ければ土間の黴臭さ、甘さ
じりじりと蝉燃え尽きん夕方に初めて精を放つ草むら
ペットボトルぐびりぐびりと文明の曲がり角にて我は渇いて
考古学の提出論文「フロッピーディスクの出土と遺跡分布図」
ひたひたとめのうの巨石に手をあててその褐色の内面を聴く
缶珈琲カンカラカンと投げ捨てて地球に厳しい生き物ではある

2018年12月30日日曜日

50首連作「山谷物語」2009年

「山谷(さんごく)物語」


あめ晴れて霧の向こうに見えている畳(たた)なづき折り重なる起伏

真新しき装束の白、杖は持たずたぶん若さをなお恃(たの)みいる

本当に白蛇のごとくなる道の蛇行、しだいに傾斜はきつく

地蔵菩薩が並びたる道、子供らが施しし化粧の朱(あか)も寂びれて

人馬斃(たお)れて甘き匂いのする池を馬酒池(まさかのいけ)と呼びし村過ぐ

前も後ろも人なき道は声を出す救いを求める言葉ひとつを

杉木立の天上に礫(れき)がこだまする 鳥と思えば鳥の声なし

開けては絶景かなと愛でてのちそのまま通過すべき痩せ尾根

下り路は歩幅に合わぬ階段がだくだく続く、黙々つらい

下りきった坂のたわみのバス停は懐かしいように壊れかけて

窪地の底は変な真昼の明るさで色のつぶれた景色に入る

約束のようにベンチに腰掛けて目を閉じてすぐに叱られる「おい!」

明らかに不機嫌な猿男(ましらおとこ)立つ、吾(あ)が嬉しいと思うも知りて

その男、姿はまさに猿(ましら)にて脇(わき)掻きながら我を見ている

起こす身の疲労は深し、気難しい猿男(ましらおとこ)はもう先を行く

一本の道を離れて休耕地の畦(あぜ)をぬるぬる行く、天高し

秋であれば曼珠沙華悪(あく)を遠ざけて灯るであろう畦の曲線

猿男(ましらおとこ)は何処(どこ)へ導く、現実に抗(あらが)うまでの信なき我を

法面(のりめん)をむむむと登りきって見える舗装道路に人心地せり

コンクリート橋も渡って幾何学的な公園に、ここから一人で歩け

整備された青草が風に揺れている波状に立てば杭(くい)のごとしも

噴水の広場まで来て噴水に背を向けて座る 波立つ予感

向こうから深く見たことがあるような女が七歳(ななつ)の子を連れて来る

あらゆる未来にからだを耳にするまでもあらず「嫌な予感」が聞こゆ

女は二度と会わぬはずなる、我の前に「気をつけ」をする子は覚えなく

少年の長袖は左袖だけが風に遊んでうきうきと舞う

何も言わぬ二人に俺は笑いかけ「名前は?」「J!」と大声の子は

つまり俺は片腕の俺の子を生んで育てた女に 何が真実?

疑えば七年前も俺の子も生んだ女も 隻腕(せきわん)は事実

少年はどこまで知りて直立の最初の一瞥から目を合わせぬ

公園の時計塔から半透明の明るい音が降る、降りしきる

おそらくはがっかりさせる反応の第一として狼狽の煙草

そして俺が金銭について考えて出方を待っているのが第二

しかしそれでも覚悟を決めて成長を喜んでみる第三の道

「お金ではないの」と少し微笑んで音がするほど安堵に沈む

秒読みのつかの間でなお夢想する自分が可笑しくてゆがむ顔

話の最後に認知を言うと決めたとき女が口をひらく「あなたに」

「お願いが一つあるのだけれど、Jに左の腕をください」

やはり金かと剥がれるほどに落胆する俺を見ることなく出せる——斧

もうすでに予習は済んでいるように、子が腕を持つ、女は構(かま)う

斧を振り上げ女は声を絞りつつ我が肩を打つ、朱(あか)の噴水

子はかつて我が物なりし腕片を噴水で洗う、腕が手を振る

女も斧を水に濯いで子の仕事を見守っている 家族の世界

右の手が押さえる箇所に迷いながら親心すこし湧きたる眩暈(めまい)

済みたれば母子は我を去ってゆく、点々と我の血を垂らしつつ

丘を越えて二人が見えなくなりし後(のち)呟いている感謝の痛み

流れ出(いで)し我の太陽、頭上から緞帳(どんちょう)のような帳(とばり)が落ちる

永い時間の槽(そう)から水が抜けてゆき「く」の字に跳ねて泥掴(つか)みおり

左手が泥を握っていたりする、腕なら生えてくることもあるか

装束は汚れて糞掃衣(ふんぞうえ)のごとし、起ち上がりあのバス停に戻る

2018年12月24日月曜日

2017年01月の自選と雑感。

先日、ついツイッターで川柳を読んで、感想を書いてしまって、「生きとったんかワレ」扱いになってしまったテルヤです(笑)。

最近はあくまで個人視点のタイムラインながら、短歌よりも川柳が元気がよいような印象があります。

さて来年。来年は何をやろうかなと思ったりしながら、今年の残りをうろうろしています。とはいえ、あれだ、まず、こうやって過去分を整理しないとだな。

  うろうろとわれの理屈も着ぶくれて寒くないけどからかわれたい  沙流堂

自選。

夜の列車は体内の光り漏らしつつ血走る馬よりも速く冷たし

人生は遠路にあればぺこぺことよろしくお願いしながら進め

自分自身を愛せることが出来るまで出られぬ檻のわれに、きみの手

豊かさは苦しいなあと見上げれば楽だがひもじいカラスかあかあ

感情が行動になる途中にて歌生れば歌で済むことのあり

三本腕の聖カジミエルの教会の無神論博物館なりし頃

外国人犯罪のニュース流れいて観葉植物身じろぎもせず

新成人が五十万をきる未来、ゾンビを撃つゲームは禁止され

鉄作品アーティストは肩身がせまく戦争で鉄が不足するころ

今日の麩とわかめの味噌汁いつもより海が近いと思うが言わず

生きることが何の象徴たりうるか平日くたくた休日ぐだぐだ

丁寧にスマホを拭いてなんというわれのあぶらに包まれて生

ばっくりとヘラで赤福食べるとき子供心に生(あ)るる背徳

歌人の夫、俳人の妻がオリンピックパラリンピックを別々に観る

殉教を弱さと強さに仕分けするヒヨコでいえばいずれオスだが

雑木林野原公園ゴミ捨て場ソーラーパネル、で雑木林

飴玉を昼食として少し寝るわが人生はこれでよし子さん

けっきょくは一つになれないぼくたちを暗示してピコ太郎のけぞる

ウスゲって読んでいいのかハクモウと気をつかいつつ読んでいたけど

心臓が次で止まるとなるときにあの後悔はなくならずあれ

当事者にあらざれば災害詠のどううたっても歌のよしあし

厚い紙うすい紙からレコードを取り出すまえに手を洗いたり

一色になる直前のマーブルの自分でなくなるおびえうつくし

アイルランドに似ている海に近き町きみの野辺送りに間に合いぬ

残り時間となってはじめて未来とは輝く不在を指していたのか

巡礼路ひとが歩いて道になり道は祈りの流れたる川

吉祥寺を歩いた変な思い出だフォークダンスのこゆびつなぎで

自分だけの言語できみは生きてゆくだんだん世界が合わなくなって

ネクタイがビシッと巻けて今日はもういい日にしないと申し訳ない

CR北斗の拳の「お前はもう死んでいる」との声が離れず

四振の妖刀並びあやかしに優劣あらばいささかたのし

この蔵に灯(ひ)を入れるまで闇がいて跋扈しおるもいま壺の影

会うたびにきみは疑問を持っていて「質問1」から始まる時間

カニバリズム、カニをバリバリするような想像をしたきみの顔だが

愛を説く教えが公認されるまでの三百年の殉(したが)いを思う

葛飾応為はレンブラントの明暗を思わせてたぶん勝気なるひと

2018年12月23日日曜日

2017年01月の101首。

夜の列車は体内の光り漏らしつつ血走る馬よりも速く冷たし

14日24日をきみもまた「よっか」と読むか、だけど好きだよ

新しき年の始めに思うどちすべてがずっと新しいまま

広島弁が売り切れていると空目して思う、言語の売却費など

ジャズピアニストその祖父が造りし建物が少年刑務所として在りて

人生は遠路にあればぺこぺことよろしくお願いしながら進め

ミサイルに愛国と名付けるときの誇らしさには罪ひとつない

自分自身を愛せることが出来るまで出られぬ檻のわれに、きみの手

馬鹿に付ける薬はあるか本当にあるかも知れぬと思う、馬鹿だから

豊かさは苦しいなあと見上げれば楽だがひもじいカラスかあかあ

親バカとバカ親はわりと似てはいてだが子にすればかなしく親で

くらやみを怖がる鳥にわれはもや神のごとくにスイッチを入れ

らしさなど気にせぬ現代人はせず接待テレビで明るきヤング

感情が行動になる途中にて歌生れば歌で済むことのあり

三本腕の聖カジミエルの教会の無神論博物館なりし頃

外国人犯罪のニュース流れいて観葉植物身じろぎもせず

子ども時代すくなくあればあのように子どものようにわめいて泣くか

咳をしてそのまま緑の吐瀉をしたヒロキの思い出それが思い出

プログラムアルゴリズムにおぼろげに神々しさが構築される

ガラパゴス詩人は残り少なくてニュアンスが伝えられない未来

民主主義は嫉妬をうまく殺せない孤高の者を孤立させては

休日になんの救済、大江戸線は江戸に着くほど地下を潜って

持ち寄った手の中で泣くグリーフをお互いみせてまたしまうなり

夢というこの目の前の水すらも飲めぬまぼろしにてきみと居る

ディレッタントゆえの誠実さは措いてレンタルショップの暖簾くぐらず

何になるか分からないから寝られないブループリントのきみのブルー

この国は誰かがモザイクをかけて誰かが陰謀論を憎みつ

新成人が五十万をきる未来、ゾンビを撃つゲームは禁止され

#よい一年でありますように
新しい職場は足がスースーしよい一年でありますように

あといくつうたうだろうかありふれて例えば白線の内側のうた

鉄作品アーティストは肩身がせまく戦争で鉄が不足するころ

人間が、いなコンピュータが人間を持つ時代、検索中のきみよ

原因の見出せぬなやみあることを絵画を描くきみに見ており

今日の麩とわかめの味噌汁いつもより海が近いと思うが言わず

生きることが何の象徴たりうるか平日くたくた休日ぐだぐだ

路地裏のネコ対カラスどちらともがんばれ負けたら傷が深まる

丁寧にスマホを拭いてなんというわれのあぶらに包まれて生

ばっくりとヘラで赤福食べるとき子供心に生(あ)るる背徳

歌人の夫、俳人の妻がオリンピックパラリンピックを別々に観る

ツイキャスを覗くときキャス主もまたきみの入室を覗くしくみなの?

殉教を弱さと強さに仕分けするヒヨコでいえばいずれオスだが

雑木林野原公園ゴミ捨て場ソーラーパネル、で雑木林

ロシア人は驚くだろうソーセージのDHAが遺伝子に見え

飴玉を昼食として少し寝るわが人生はこれでよし子さん

けっきょくは一つになれないぼくたちを暗示してピコ太郎のけぞる

誰が短歌がキューブラーロスが言うようなプロセスでぼくが作ると言うか

不気味の谷フェチの男が探しいる初期型アンドロイド似のきみ

ウスゲって読んでいいのかハクモウと気をつかいつつ読んでいたけど

江戸時代の混浴に似て人を押して電車に入って無罪の時代

ディスプレイの幽人と夜の花ひらく一杯一杯そして一杯

終わらせる日を思いいて街に流る、来来来世に誰をみかける

人工知能「聖(ひじり)」が語る神託(オラクル)の旧バージョンを彼は選びき

金銀はひかりのなまえ、あかがねの男はいつか一つを選ぶ

心臓が次で止まるとなるときにあの後悔はなくならずあれ

当事者にあらざれば災害詠のどううたっても歌のよしあし

子を生むとよろこんでバカになるものを摂理と思う、醤油のかおり

厚い紙うすい紙からレコードを取り出すまえに手を洗いたり

人工知能「定家」がつくる連作の受賞理由は「時代の感性」

サムテイラーのサキソフォーンもむせび泣き政男のマンドリンにもむせぶ

不在なる世界のために残しておくものがあといくつ⋯⋯笑顔くらいか

一色になる直前のマーブルの自分でなくなるおびえうつくし

アイルランドに似ている海に近き町きみの野辺送りに間に合いぬ

残り時間となってはじめて未来とは輝く不在を指していたのか

常に一手足りないままの勝負にて二手欲しくなる、頭を下げる

ひょっとして見逃しツイートあるかもとエゴサして、並ぶ自分とボット

巡礼路ひとが歩いて道になり道は祈りの流れたる川

吉祥寺を歩いた変な思い出だフォークダンスのこゆびつなぎで

人類も褒めて伸ばそう、伸びぬなら? コンビニの前でタバコをくわえ

自分だけの言語できみは生きてゆくだんだん世界が合わなくなって

塚本の彼の夢枕に立ちてその表情は読み取りがたし

セックス(愛する事)が罪だなんてとシャルロットゲンズブールがフィルムで泣きぬ

後頭にただよふ蜂を箒にて払ひそれでも刺される夢だ

ネクタイがビシッと巻けて今日はもういい日にしないと申し訳ない

CR北斗の拳の「お前はもう死んでいる」との声が離れず

四振の妖刀並びあやかしに優劣あらばいささかたのし

才能という欠陥を褒められて欠陥だから少し苦しい

からからの鳥はいつかは会うために飛びつづけくちばしは割れても

シュルレアリスム作家の展示に挟まれて常識はかく遥かなる嶺(みね)

この優しさ言葉にせねば非在して真実すれすれまで来て離れ

どきどきと僕のトマトがあたたまり「やめなよ」という僕の声聞く

きみのヴァル/ネラビリティの/せいである/切るぼくの悪/切れるきみ、悪/

かわいくて政治リツイが痛いきみ、そうやってわれは避けられいるか

レトロとは不便のことで、ぼくたちはゆっくりゆっくりレトロな愛で

ホモソーシャルな飲み会にいてどこまでか乗り切れてたかヘテロのわれは

キャバクラでは建前は剥がれないんだとおっしゃる、なるほど(知ったことかよ

朝鳥だ、家の外には幾十の錆びたるドアの開閉しきり

おそらくはそんなにうまくはいってないだろうけど強がりに付き合う

7つしか正解のない二枚の絵、サンジャヤのごとき深き疑い

界隈にあらわる妖怪「これいいな」お初の方はお見知り置きを

「芸術は飾りではなく武器なのだ」っておれの机の壁に貼るなよ

妻の名を祈りの言葉にしていると2件目で聞く、よし受けて立つ

何回の奇跡できみは人類の積み重ねたる見地を捨てる

今はもう動かぬ時計おじいさん亡きあと一応修理に出しぬ

一瞬のちエピタフになるかもしれぬタイムラインはもう止まざりき

この蔵に灯(ひ)を入れるまで闇がいて跋扈しおるもいま壺の影

会うたびにきみは疑問を持っていて「質問1」から始まる時間

カニバリズム、カニをバリバリするような想像をしたきみの顔だが

極めるということは特化することで特化とはつまりdeformである

愛を説く教えが公認されるまでの三百年の殉(したが)いを思う

葛飾応為はレンブラントの明暗を思わせてたぶん勝気なるひと

森の中で木を隠すべく火の中でマッチを擦って見ゆるまぼろし

2018年12月17日月曜日

添削という思想。


添削についての文をちらちら見た。添削とは言うまでもなく書道の朱を入れる行為で、つまり「歌道」に属する行為だ。

テルヤも一時期「お節介添削マン」などと名乗り、辻斬りみたいな添削をしたりした。
その場合の添削は2つあって、
「作者が表現したい意図をより伝わりやすくする添削」
と、
「その歌を現代短歌としてより面白くする添削」
だ。

前者は技術的なもので、後者は表現思想的なものと言える。

ただ、これらははっきり二分出来るわけでなく、優等生的な短歌になることで、現代短歌としての前衛味は当然失われる。

「道」でない添削は、ミュージシャン同士の「カバー」に似てくる。矢野顕子のように、誰の曲でも自分のものにしてしまうアーティストもいれば、奥田民生のように、誰に歌わせても奥田民生の真似になってしまうアーティストもいる。

テルヤはある時、なんの気なしに添削めいたことをしてしまい、作者にとても不快感を示されたので、それから添削はしないように心がけている。

うまい、下手であることも表現に含まれる時代に、添削をするのは、「道」の外にいる限り、大変だろう。